植毛

拒絶反応が少ない自毛植毛

髪の毛が少なくなった時には、植毛の手術が検討される事はよくあります。何せ育毛と違って、確実に髪の毛のボリュームが増えるメリットがあるのです。育毛を行った時は、必ずしも髪の毛が増えるとは断言できないでしょう。しかし植毛なら、必ずボリュームを増やすことが可能ですから、大いにメリットはあるのです。
ところで植毛には、大きく分けると2つ選択肢があります。人工の髪の毛を植え付ける方法と、自毛植毛という2つです。そして前者には、拒絶反応に関するデメリットがあります。人間の体というのは、異物に対して拒絶反応を起こす性質があります。
それで人工物というのは、人間にとっては明確な異物扱いなのです。したがって人工的な髪の毛を移植しても、体が拒絶反応を起こしてしまい、様々な問題点が生じてしまう傾向があります。ところが自毛植毛の場合は、話は大きく異なるのです。
基本的にその髪の毛は、自分の物を使う訳ですから、特に異物とは認識されない傾向があります。少なくとも人工の髪の毛と比べると、遥かに違和感が生じづらいのです。やはり拒絶反応が起きてしまうと、日常生活にも様々な支障が生じてしまうでしょう。その点で、自毛植毛はおすすめです。

なぜ育毛クリニックより自毛植毛が良いか

髪の毛が少なくなった時は、様々な対処方法はあります。人によっては、育毛クリニックなどに行く事もあるでしょう。現に医療機関によっては、育毛用の薬剤なども処方してくれます。AGAなどの理由で、育毛クリニックに行く方々も大変多いです。しかし育毛というより、むしろ自毛植毛の方が良い事もあります。なぜなら、確実性に大きなメリットがあるからです。
確かに育毛でも、それなりに髪の毛を増加できる事はあります。現に薬剤を服用すれば、髪の毛は増えてくれる可能性もあるのですが、確率100%ではありません。そもそも薬剤というのは、飲めば必ず生えてくる事を保証する訳では無いでしょう。
人によっては、なかなか効果が出てこない事もあるのです。せっかくお金をかけたのに、髪の毛が生えてこないのは大変悲しい話です。しかし自毛植毛の場合は、着実に髪の毛のボリュームを増やすことができます。頭頂部分が少ない時には、側頭部などの髪の毛を移植すると、確実なボリュームアップが期待できるでしょう。
要するに、育毛よりも自毛植毛の方が期待値が遥かに高い訳です。確かに育毛クリニックと比べると、料金は若干高くなります。しかし確実に髪の毛を移植できる事を考えれば、やはりメリットは非常に大きいです。

自毛植毛の価格について

植毛には、様々な方法があると思います。今回は、自毛植毛の価格について見ていきたいと思います。自毛植毛のやり方にも、いくつかの施術法がありそれにより価格は、変わってきます。更に、植毛する範囲や植毛する本数により、価格は変わります。施術を行う場所により価格は変わり、およそですが生え際が薄い場合は20万から80万円。
頭頂部が約60万から200万、生え際と頭頂部が100万から250万、生え際から頭頂部が200万から400万となっています。もちろん受けるクリニックなどにより、異なります。一般的には、100万円以上はかかるものとなっております。更に育毛剤を使用したり、AGA治療を行うよりも、高く感じるかも知れません。
ですが、自毛植毛は1回の手術を行うことにより、その後の定期メンテナンスを行う必要がありません。自毛植毛以外の治療のように、定期的にメンテナンスが必要な場合、その都度お金と時間がかかってしまいます。それを考えると、結果的には自毛植毛以外の治療法よりは安く済ませることができます。このように、自毛植毛の価格は、一見高く感じますが定期的にメンテナンスを行わない自毛植毛の方が、結果的にコスパなのです。

Menu

New Information

喫煙する男性

手術後は指で大きな刺激を与えない

頭皮に対しては、むやみに大きな刺激を与えるべきではありません。ですから、洗浄時などは要注意なのです。人によっては、頭皮をかなり強くこすっている事があります。しかし頭皮に対して…

ピース

術後は洗髪剤に注意する

肌がデリケートな状態では、使う物はそれなりに配慮する必要があります。デリケートな肌に対して刺激を与えてしまいますと、少なからず悪い影響が及んでしまう傾向があります。場合によっ…

サングラスをかけた男性

カツラより自毛植毛が良い理由と必要コスト

髪の毛が気になる際には、一応はカツラという選択肢があります。それは、薄い部分を即座に隠せるメリットはあるのです。手っ取り早く薄毛部分を何とかしたい時には、確かにカツラも一法な…

笑う男性

短期で違和感が生じなくなる自毛植毛

手術を受ける場合、複数の選択肢が浮上する事があります。植毛などもその1つで、大きく分ければ2つ選択肢があるのです。自毛植毛もしくは人工の髪の毛という2種類があります。そして後…